フリークス ストア本店

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423192917j:plain

 

田舎の幹線道路に向かってこんな看板が立ってる

夢みたいなロードサイド型のフリークス ストアが実在します

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423193050j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423193134j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423193225j:plain

 

外観だけでも圧巻のスケール...

植物も青々としてきて、いい季節です。朝なんてカリフォルニアみたいにさっぱりしていて、 #kogafornia というハッシュタグがあるとかないとか

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423193328j:plain

 

奥の駐車場のこんな造作もアメリカっぽさに拍車をかけていて、

こんなところがあったなんてと初めてお越しになる方はみんなびっくり。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423195920p:plain

 

このスペースは普段は一般に開放されていないエリア。イベントごとがあると開放されて、アジトっていう言葉が合いそうなシブいスポットに。

 

 

 

このお店があるのは茨城県古河市、30数年前にフリークス ストアが誕生した町。

このいまある建物は20年くらい前に完成し、かつてはダイナー併設、本社機能、物流倉庫機能もここにありました。いろいろと変わった今でも、この古河店は"本店"と呼ばれて社内の人間からも憧れの眼差しを受けるスポットのまま。

 

 

店内ももちろん最大級の広さで、家具や雑貨はヴィンテージも含めてすごい品揃え、古着も随一の商品量。駅ビル型のフリークスでは味わえないスケール感とお買い物の楽しみがここにはあります。

 

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423194003j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423194053j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180423194105j:plain

 

フリークス全店見渡してもほかにはない、カフェ併設店舗でもあります。家具エリアとアパレルのエリアの中間あたりに位置していて、お買い物の合間に一息ついたりなどが調子いいです。シーズナルなメニューもあるので、ドライブがてらよく寄ってカフェでまったりしていくお客様とかもおられます

 

 

ゆるめな音楽が高い天井からけだるく響いてきて、広い店内をやんわりと風が吹き抜け、ほかに聞こえるのは車の音くらい。もはや非日常感があります

 

 

 

 

 

土地柄もあってか、スローな時間が流れる古河本店

僕も好きな場所でこの週末にも遊びに行ってきたので、みなさまにも知って欲しくて書いてみました。

 

 

東京からだと、車なら東北道に乗って久喜ICでおりて20分くらい、電車なら栗橋駅です。駅からは遠いです!

 

www.freaksstore.com

 

www.instagram.com

 

是非頭の片隅に置いといていただいて、お近くを通り過ぎる際は思い出してください!

個人的には、少し先の小山にある"TUESDAY COFFEE"でご飯食べるからのフリークス古河本店がゴールデンコースです

 

www.instagram.com

 

 

フリークスのスタッフのみなさまもこれ見ててまだ古河行ったことない方いたら

単に楽しいし行った方がいいですよ〜!