LA LA LAND

f:id:hynm_daisuke_endo:20170720091625j:plain

 

本厄で、それなりに本厄らしく過ごした2016年の暮れに、こんな1年でもシメはよく過ごそう、終わりよければなんとやらだ、と、たのしみにし続けていた『ローグ・ワン』をみたそのときが初めて『LA LA LAND』の予告編をみたときです

 

劇団四季の『ライオンキング』から入り、『CRAZY FOR YOU』、『SISTER ACT』、『SINGIN' IN THE RAIN』、ニューヨークで『MAMMA MIA!』......と着々と、そしてベタにミュージカルにハマってきていた自分が、その予告編をみて

 

これは、好きになるやつだな〜〜〜

 

と瞬時に思ってしまうのも必然といえば必然で、J.K.シモンズがカウントしながら笑顔でミアとセブを送り出す場面をどれだけ再生し予告編のYouTube再生回数に貢献したかは計り知れず、、、

 

 

そうしたら、まだ日本公開前の冬のうちにLAに行く機会があり、LA LA LANDの舞台であるLAにこんなナイスタイミングで来たのだから何としてもみなくては、と一緒にいた眠そうな元上司を連れて深夜の映画館に行きました

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20170720091704j:plain

 

アメリカでは既にその頃は人気が下火になっていて、同じシアターには若いカップルが1組だけ。そのカップルも映画そっちのけで隅のほうであんなことやこんなこと状態、おかげでこっちは貸切気分

 

 

映画はし過ぎていた期待をさらに超えてきていて、観終わった後に外に出るとそこは当然LAなわけで、宿に向けて車を運転しながらも興奮がさめることはなく、サントラをかけながら泣いてんのか笑ってんのかわからない状態で、次の日からは合間合間にロケ地をまわり

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20170720091728j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20170720091802j:plain

 

 

 

帰国後日本で公開してからももう何回もみて

サントラは暮れから飽きることなくいまも聴き続けており

見事に模範的なハマり方をしてしまっております

 

 

そんな僕からのサントラのおすすめの聴き方

 

www.amazon.co.jp

 

www.amazon.co.jp

 

 

歌のサントラとスコアのサントラを買い、ミックスして映画内の順に並べ替え

すると、ほぼ映画な強烈プレイリストが完成します

これは完璧

 

 

クレジットで流れる『City of Stars』のミアのハミングver.は、想像が膨らむ

きっと、空白の5年間とか、SEB'Sをあとにした後の年月の中で、夢のようだった日々を思い出して思い出の歌を口ずさんでる、ていうやつなんだろうな、と自分は思っています

 

 

こんだけ書いて、LA LA LANDの何が良かったのかみたいなところに少しも触れてないですが、ネットでいろんな方の感想やら考察やらみてみてください

 

とりあえず観ていない方は8月頭にDVDとBlu-rayが出ますのでぜひ観ましょう

 

www.amazon.co.jp

 

 

以上です