SO LONG

 

5月末〜6月頭に開催された、フリークス久々の展示会

 

 

改めて、フリークスの各メンバーのプロの仕事を見た気がしました

実はスケジュールがありえない押し方をしていて、開催自体が危ぶまれていた中で。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625232913j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625232943j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625233017j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625233057j:plain

 

 

もちろん、主役である来秋冬の商品をつくったり仕入れた商品部の方々の名人技があり。

あのスペースのほとんどを仕切りきってスケルトン状態からあそこまでいったVMDの名人技があり

中身が決まりきる前から的確に、それでいて超短納期で諸々告知をしたり仕込んだりしたPR、販促の面々の離れ業があり

で当日集まった各店舗の精鋭スタッフたちのプロのおもてなしがあり。

さらに今回から、フリークスのみならず会社の全事業のお披露目をすることとなり、普段なかなかお目にかかれないホールセールチームやラボの手腕を目の当たりにして。

 

 

決して大組織ではないフリークス

こういうとんでもない少数精鋭集団としてなりたっているんだなと再認識しました。

お越し下さった関係者の皆さま、全国のフリークスの顧客さま方にとって、印象的な思い出になっていたら幸いです。

 

 

 

 

 

個人的な話になりますが、この印象的な展示会の終了をもって

僕はフリークス ストアを卒業しました。

 

 

在籍中お世話になった業界関係者の皆さま、うっかり同業になった友人各位、展示会で励ましの言葉をくださったお客様方、のびのびと遊ぶように楽しく情熱的に仕事をさせてくださったフリークスの皆さま、今までありがとうございました。

 

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625233140j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625233159j:plain

 

 

お世話になった方々に挨拶をしたり、ニューヨークに行ってていまはハレイワにいますが、帰ったら心機一転、また新たなブランドで一から勉強しなおして裏方稼業を続ける予定です。

裏方としてそのブランドを押し上げるとともに自分もまた浮上してきます。それがすぐのことかかなり先のことかはわかりませんが、そのときはまたどうぞよろしくお願い致します。

 

 

あと、もっと自由に裏方したいと思っているので、皆さまのいろんな活動、出来事の裏方もデザインのみならずいろいろさせていただきます。結婚式の手伝いとか。

 

 

楽しかったな。

THANK YOU AND SO LONG, FREAK'S STORE

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180625233849j:plain

 

 

 

 

 

Bリーグ

trains.co.jp

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180531220445j:plain

 

Bリーグの三部リーグ?B3の八王子トレインズというチームで弟がトレーナーを務めていて、何度か八王子に観戦しにも行きました。

B3とはいえ地元の巻き込みや盛り上がりはすごく、地域の人たちに愛されながらバスケもみるみる強くなり、チーム自体もみるみるレベルアップしてるようで、仕組みがよくわからないけど今季のB3リーグでいろいろ優勝して完全優勝、からのB2昇格も果たしたとのこと。これからさらにファンも増え、設備やサポートにも恵まれていくのでしょう

 

 

前回観戦しに行った時はそのいろいろ優勝したうちのひとつのタイミングだったようで、試合に勝ち、そのあとセレモニー的なものがあったんですが、

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180531220506j:plain

 

選手、監督、コーチ、チアの方々、トレンチー(マスコットの虎。かわいい)がコートに集まって祝福を受ける中、トレーナーの弟はその輪に入らずひとりベンチの片付けなどをてきぱきとこなしていて。

思えば試合中もひっきりなしにいろんな作業をしていて、トレーナーというのはなんか選手のストレッチを手伝ったりだけだと思ってたのが、タオルを出したり畳んだりなんか運んだり飲み物を出したり、裏方仕事のすべてをやっているような感じ。いつもは選手のユニフォームの洗濯をしたりもしてるらしい。

 

 

まだ小さいチームだからとかそういうのもあるかもしれないけど、そういうのを見て聞いて、立派にチームを支える裏方家業を弟もしてるっぽいというのを知って自分の仕事とも重ねつつ。

こういうセレモニーみたいなハレの場で前にいないところもすこし切ないけど共感でき、代わりにどこかで報われなさいよと思いつつ。

自分もフリークスで裏方稼業を続けてきて、そういう存在であれたかなあなどとも思いつつ。

 

 

そしたら冒頭に載せたB2昇格決定のいちばん嬉しい瞬間にはしっかりうつってて、あ〜よかった裏方もちゃんとチームの一員だもんなと当たり前なことに安心したりしつつ。

 

 

何はともあれ、おめでとうございました。来季からB2でのさらなる活躍に期待しています。

デザインの面とかブランディングのところで自分もなにか手伝えたら力を尽くしたいのですがそういうお誘いはないものでしょうか、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコノスと静岡

 

NIKONOS-Vというカメラに最近乗り換え、海に入っています。いったん馴らし中。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101243j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101302j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101319j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101417j:plain

 

いままではデジタルのカメラとともに入っていたので、フィルムのだと毎回緊張感があり。1本フィルムを使い切るまでだいたい1時間、入りっぱなしのスタイル

この日は逆に綺麗って言いたいほどのどフラット、ニコノス試運転にはもってこいでもうつってるアルベルトさんには物足りなさそうな。

 

ここのところだんだん勘が合ってきた気がするので、ぜひまわりのサーファーのみなさまと入りたいと思ってます。トライアスリートだったころの泳力と持久力を呼び起こしながら...

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530102943j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530103012j:plain

ニコノスはもちろん陸でも使用可

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101853j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101918j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180530101936j:plain

 

5月22日のYES GOOD MARKETのときの。

初めて仕事で静岡に行き、静岡のさまざまな方にお世話になったのが去年の春。それからフリークスの静岡店ができ、ハナオができ、イベントも何回もやり、そのたびに本当にいろいろとサポートしていただいてきた経緯があって。

そのお世話になった皆さまが勢ぞろいしているこのイベントに今回ともに出店できたことは個人的には感慨深く、あらためて感謝したいと思っています。

 

 

また、昨年春にフリークスと出会ってピックアップしてもらったことから、いろいろな仕事や面白い出来事に繋がっていて、今楽しいのはあのときのことがあったからなんだよ、というお言葉もいただけて、こんなに嬉しいことはないです。

フリークス静岡店のスタッフの方々のことも大好きだし、静岡にここまで特別な思い入れを持つことになるとは思いませんでした。本当にありがとうございました。

 

 

とりあえず、この静岡出張は最高に楽しかったなー。

 

 

【お知らせ】

 

関係各所の皆様には弊社の人間からお伝えしているかと思いますが、今週末、数年ぶりにフリークス ストアの展示会が復活開催となります!

連絡来てないんだけど。という関係者の方おられましたらご招待させていただきますので申し訳ございません、ご連絡くださいませ......

 

オフィスはそのために戦争状態真っ只中。そんな中でのんきにこんなブログを書いている私です。

 

 

 

 

 

 

Tattoo, Strip, Exhibition @SHIBUYA

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524175050j:plain

 

www.houyhnhnm.jp

 

 

フリークス渋谷に併設のギャラリー<OPEN STUDIO>

途切れることなく何かしらがおこなわれているこの場所で、明日から開催されるのがカリフォルニア本拠のイラストレーター SKETCHY TANKがやっているブランド <LURKING CLASS>のPOP UP。

 

彼のユニークなアートと、その世界観を延長したようなアパレルは一見うわ、こういう系か、と思わせるけども好き嫌いせずに近寄ってみると魅力に気づく類のやつ。

 

上のリンクでフイナムさんに書いていただいている通り、VANSとかELECTRIC、STANCEみたいなカリフォルニアの雄とのコラボを成功させ続けている彼。

よくフリークスの内部では、「カリフォルニアの悪そうなやつ」みたいなノリ感で<CYCLE ZOMBIES>と同種と考えてみたり、比較してみたりする。

 

僕の中ではサイクルゾンビーズのスコッティとかターキー、チェイス、ビッグスコット、テイラー、みんなスケートにバイクにサーフィンにと自由を謳歌しながら悪そうなツラをしてるけど、実際は酒もタバコも手をつけないし寝るのも早い。悪そうに見えて実はいたって普通というイメージ。家族想いだし。

 

いっぽうのスケッチータンクは、悪そうに見えてほんとに悪いイメージ(ほんとに悪いというと語弊があるけど)。イベントにいけばストリッパー、強いお酒、タトゥー、こわい人たちに迫力のあるダーティなアートの数々、おまけにスケッチー本人はつねに覆面。

以前、シークレットパーティーにお邪魔した時に撮った写真がいくつかあったけど

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524180011p:plain

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524180029p:plain

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524180058p:plain

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524180113p:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180524180825p:plain

 

こんな感じ。

奥の方ではビアポンができるブースもあった。

僕はビアポンにあまりいい思い出がなく、ニューヨークで友達についていったバーでビアポンをしたときのなんとなくどんよりした気分はいまも僕にニューヨークに対するネガティブな気持ちを抱かせ続けてる...

 

 

というのは余談ですが、

こんなスケッチーのパーティー、いままではシークレットだったのが、今回OPEN STUDIOでのPOP UPのスタートを記念して、誰でもウェルカムスタイルで開催しちゃいます。

 

急ですみません、明日の18:00から21:00の予定です...

 

フリーエントランス、フリービアで

今までのシークレットパーティー同様にフリータトゥーやストリップティーズショーが予定されてて、まわりではレアなシリアルナンバー入りアートの展示販売も。

 

フリータトゥーはいつも混んで抽選になるやつなので狙ってる方は是非!

 

雰囲気もいつものOPEN STUDIOとはまた違った感じになるので、神南を通りかかりついでにその空気感を味わいつつビールひっかけていくというのがおすすめです。

 

 

 

www.houyhnhnm.jp

 

 

 

プレイボーイ

1953年の創刊以来、いつの時代もわれわれ男子の心を離さない『PLAYBOY』とのコラボレーション。

  

ラビットヘッドのロゴもいいけど、やはり『PLAYBOY』誌自体がいいわけで。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180523113245j:plain

 

歴代の名カバーがずらっと並び、錚々たるプレイメイトの皆様が鎮座する総柄。をアイコンにリリース!

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180523113358j:plain

 

カラーもあるけど、ファッション的には白黒も使いやすい説、しかしずっと見ていたいのはやっぱりカラーのほうという説......

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180523113502j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180523113535j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180523113552j:plain

 

hypebeast.com

 

で、これらのルックふうの写真のモデルは、フリークス横浜店の店長、大工原さん。

スタッフ間でもそのスタイル、人柄、その他もろもろの魅力で人気のベテラン店長で、いっぽうカメラの前に立てばこの空気感が出てしまう多才っぷり。

 

いままでにもちょいちょいモデルをお願いしてきた、個人的推しモデルのおひとりです。今回もありがとうございました!

 

 

 

 

 

ハラスメント問題で告発が相次ぎ界隈の重鎮たちがつぎつぎと血祭りにあげられている(表現が悪いか)中、プレーボーイが半世紀以上で築き上げた帝国がこれからどうなるのか気になりますが、世代としては完全に脳が「旧態依然なセクハラはマジで無理。そういう時代じゃないから。」になっている私ですので、悪いところがあるならさっさと自浄作用を働かせてクリーンな状態でこれからも楽しませていただきたいと思うところです。

 

 

そんなPLAYBOY x FREAK'S STOREのコレクションは現在発売中です!

 

 

www.freaksstore.com

 

www.freaksstore.com

 

www.freaksstore.com

 

www.freaksstore.com

 

 

 

 

 

 

YES GOOD MARKET

今週末は静岡へいきます

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180517161535j:plain

 

20日(日)、清水のエスパルスドリームプラザの、海に面した気持ちいい広場で開催されるYES GOOD MARKET。に、フリークスで出店させてもらいます!

 

去年は普通に遊びに行ったこのイベント。個人的にもお世話になった静岡の重要人物の皆さまやアーティストの方々はもちろん、東京からも馴染みの方がたくさんブースを出していて錚々たる顔ぶれになっています。

主催は、静岡の盟主と呼ぶにふさわしい、湯本さんのSEE SEE

 

 

で、チームフリークスは何をさせていただくのかというと

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180517161933j:plain

 

フリーダのPOP UP。もちろんおがさんが静岡上陸です。

ロゴのTシャツとかモン族巾着とか人気アイテムを中心に、メキシコ雑貨とかもいろいろ仕込んでおられます

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180517162037j:plain

 

Coleman別注のPOP UP。おなじみだけど、気持ちいいロケーションで全アイテムをセッティングする予定。僕たちもそこでくつろぐし、お客様にもくつろいでいただいて気に入ればお持ち帰りいただけます。ちなみに、このテント、まさかの完売間近です。追加予定ですがすこし先になりそう。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180517162254j:plain

 

それらのPOP UPを一緒に彩ってくださるのが、フリークス静岡店のご近所のフローリスト、TAKUMIさま。派手派手してない、空間とか人とか空気に溶け込むようないい塩梅の花や植物を得意としているとのこと。ぴったりです。

 

 

という感じです!

東京から、

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

のゆるめメンバーで静岡にお邪魔します!

楽しみです。

 

 

その他の参加ショップ、ブランド、クリエイターさんなどはSEE SEEのインスタでずらっとご紹介されているので見てみましょう

 

www.instagram.com

 

 

雨予報だったのがいつの間にか晴れマークにかわっている当日。

湯本さんの人徳ゆえかなあ

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

特別仕様のJUTTA NEUMANN

突如、JUTTA NEUMANN(ユッタニューマン)にフリークスがオーダーしたモデルが3型、到着しました。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514173846j:plain

 

www.freaksstore.com

 

突如、と冒頭に書いたのは何かの比喩などではなく、本当に突如入荷したのです。そのため、正真正銘、どこの雑誌にもメディアにも載せていただいておりません。

 

フリークス ストアでたまに起こるサプライズ納品です。

 

基本的にユッタニューマンは仕様をオーダーするものなので、大概別注っちゃ別注になるブランド。どうオーダーして自店で売るかが力の見せ所、ということでしょうか

 

 

フリークス ストアのバイヤーはこうしました。

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174301j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174320j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174336j:plain

 

フリークス仕様で統一したSIMONE、HERMES、BENNOの3モデル

味気なく箇条書きでいきますと、

・上から下まで表面オールブラック

・ラティゴレザーの質感、エイジング具合やかかる時間は従来のユッタニューマン

ビルケンのソールを採用したため履きやすさと歩行性◎

・それによってすこしボリュームが出て、カジュアルな合わせもしやすくなった

・同様のグレード、仕様のものに比べてちょっとプライスが抑えめにできた

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174803j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174820j:plain

 

f:id:hynm_daisuke_endo:20180514174835j:plain

 

突如入荷した現物を見てみての所感

 

オールブラックなので独特の存在感、重厚感、高級感があるわけですが同時にいろいろなスタイルに合わせやすく、いつも履こうと思えば本当にいつも履けそう

 

という点はユッタニューマンに関しては案外大切で、持っている人が皆言うように、「最初は地獄。我慢して我慢して履き続けて履き慣らした頃にようやくいい感じになる」という強めな革靴ばりの"お洒落は我慢"なのがユッタニューマンであり、どんどん履いて履き慣らさなきゃいけないのに合わせる服を選ぶサンダルだったらなかなか履き慣らせないわけで。

 

なのでこのオールブラックで合わせやすくしかもちゃんとビルケンソール装着済みで歩きやすく、なのにすこしプライス低めなこの別注コレクションはおすすめなわけでございます。

 

突如入荷は先週のことですので、お目当てのサイズ、モデルがある方はお早めに、お近くのフリークス ストアへ!

 

www.freaksstore.com